現役エンジニアがおすすめ!技術特化Youtubeチャンネル7選

本記事では現役エンジニアである私が実際に視聴して、仕事をする上で

このチャンネルは登録しておいたら後々役立つな!

っと思ったチャンネルを7つご紹介したいと思います。

どんなエンジニアが勧めている動画なの?

ちょっとだけ私の経歴をお伝えすると、私は新卒からシステムエンジニアをやってまして、かれこれ12年目?くらいになります。

幸か不幸かその期間にプログラマ、インフラエンジニア 、ネットワークエンジニアの真似事、運用保守を経験してきました。

つまり、一般的にシステムエンジニアと呼ばれる職種が行う業務はひとしきり取り組んだことになります。

これって意外に貴重な経験で、プログラマはずっとプログラマ、インフラエンジニアはずっとインフラエンジニア っていうパターンが結構多いんですが、私の場合は偶然色々なエンジニア職を経験することが出来たんですね。

この記事では「仕事で役立つ」チャンネルをご紹介したいわけですから、様々なエンジニア職を経験した私は上辺では無い、リアルに使えるチャンネルをご紹介出来ると思っています。

注意!情報発信メインのエンジニア系Youtuberは除外

実は最近元エンジニア、現役エンジニアのYoutuberって増えてきているんですね。

例えば私が好きなYoutuberでは「マナブさん」や「りゅうけんさん」などですね。

↓マナブさん

↓りゅうけんさん

 

このお二人もエンジニア出身なので、IT業界に精通していますし、アップしている動画もエンジニア系のネタもあるんですが、方針としては「情報発信」がメインの傾向があります。

なので、今回は「技術に特化した」チャンネルをご紹介したいと思っているので、情報発信をメインにしているエンジニア系Youtuberは除外したいと思います。

それでは、ここからプログラマ系、エンジニア資格系、インフラエンジニア系、ネットワークエンジニア系、クラウドエンジニア系の5つに分けてご紹介していきますね。

プログラマ系

まずは絶対外すことが出来ない「プログラマ系」チャンネルになります。

Youtubeにアップされている動画でも比率でも圧倒的に多いですね。

私自身も3年くらいプログラマをしていましたが、文系出身で当時非常に苦労したし、吐きそうになりながらコーディングしていた経験があります。

当時Youtubeを見ていたらきっと登録するだろうなっと思ったチャンネルに厳選しました。

Akichonプログラミング講座

 

チャンネル登録者数:約30,300人

動画本数:88本

学べること

・プログラミングとは

・javascript

・(簡単な)ゲームプログラミング

・HTML/CSS

【おすすめポイント】
プログラミングの基礎から体系的に勉強したい方向けのチャンネルです。
新入社員がお金を払って受けさせてもらえる有料セミナーのような内容です。
プログラミングとは?からjavascript,HTML/CSSなどプログラマが必ず通る言語を重点的に勉強できるチャンネルになっているので、文系出身の新卒にはぴったりな動画ではないでしょうか。

 キノコード / プログラミング学習動画のYouTuber

チャンネル登録者数:約3,100人

動画本数:234本

学べること

・Python

・PHP

・Ruby

・Go言語

・Java

【おすすめポイント】
個人的にこれから伸びていくんだろうなっと勝手に予想しているチャンネルです。
動画の雰囲気がオシャレでイマドキなモーションを使って見やすい動画構成なのも評価ポイントになりました。
学習できる言語もトレンドを抑えており、これから勉強したいけどとりあえずどんな言語なのか知りたいっていう方向けのチャンネルかなと思います。

 9cubed

チャンネル登録者数:約12,800人

動画本数:261本

学べること

・C#

・Python

・PHP

・プログラミングとは

【おすすめポイント】
独り言のように淡々とプログラミングについて語っているのが特徴的なチャンネルです。
脱力系なチャンネルで、気を緩めると寝てしまいそうになる点は気を付けないといけませんが、自然体で肩肘張らずに視聴できる点がおすすめです。
C#、Python、PHPと需要の高い言語に特化して様々なコーディング方法を紹介してくれているので、ハマる人にはハマる動画が多い印象です。
好き嫌いは分かれると思いますので、一度視聴してみて下さい。

エンジニア資格系

本当は資格系のチャンネルはもっとたくさんご紹介したかったのですが、まだこれから伸びるジャンルなのか現時点ではあまりおすすめできるチャンネルはありませんでした。

システムエンジニアは資格がキャリアに大きく左右される職種なので、ニーズがあると思いますからこれから質の高いチャンネルが出てくることに期待したいと思います。

そんな中、「この人にITについて教えてもらえるなら徹夜出来ます!」っと思える動画を発見したので紹介しておきますね。

【ITすきま教室】渡辺さき

チャンネル登録者数:約15,000人

動画本数:72本

学べること

・ITパスポート試験

・基本情報処理技術者試験

【おすすめポイント】
内容としては、情報処理技術者試験の初級レベルの内容を学習できるチャンネルです。
具体的にはITパスポート、基本情報処理技術者試験合格を目指します。
このような内容をアップしているYoutuberはほちほらいらっしゃるんですが、決定的に今回紹介しているチャンネルが違う点が「教えている人、美人過ぎる!」ってことです。
話し方もハキハキしていて聞きやすいので、これから資格勉強がんばろうと思っているなら是非チェックしてみて下さい。

インフラエンジニア系

残念ながらインフラエンジニア 系のチャンネルでおすすめ出来る動画はありませんでした。

といいますのも、アップロードされている動画は古い情報ばかりで、面白そうなコンテンツが無く、内容としても分かりにくいものばかりだったんですね。

私はインフラエンジニア歴が一番長いので、気合を入れて調べたんですが残念な結果でした。

逆に言えば、インフラエンジニアの動画チャンネルは今が狙い目だと思いますので、この記事を読んでいるインフラエンジニアのあなた、今がチャンスですよ。

ネットワーク系

この章ではネットワーク系のYoutubeチャンネルでおすすめを紹介します。

個人的にネットワークはシステムを作る上で一番重要にも関わらず、難しそうなイメージが先行して「あいまいに理解」している技術なんですよね。

私と同じようなイメージを持っているなら是非ここで紹介している動画は見て下さい。

ねっとびTV【ネットワークエンジニアch】

チャンネル登録者数:約6,000人

動画本数:238本

学べること

ルーターの基本

スイッチの基本

VLANの基本

CCNA資格取得

【おすすめポイント】
現時点で、ぶっちゃけネットワーク系のYoutubeチャンネルは「ねっとびTV」一択になると思います。
それくらい「ねっとびTV」でアップされている動画のクォリティは高いと思います。
ネットワーク機器の基本的な考え方から、VLANの作り方、ネットワーク試験で有名なCCNA対策までやってくれる手厚さには脱帽ですね。
このままだと「ねっとびTV」の独占市場になってしまいますので、誰かライバルになるようなチャンネル作ってほしいなっと思っています。

クラウドエンジニア系

最後は今最も需要のあるエンジニアだと思われる「クラウドエンジニア」です。

クラウドエンジニアはプログラミングとインフラ構築どちらも扱うことが出来るハイブリットなエンジニアです。

この章ではクラウドエンジニアを目指している、実はなったばっかりだっていう方に確認しておいてほしいチャンネルをご紹介します。

Amazon Web Services Japan 公式

チャンネル登録者数:非公表

動画本数:911本

学べること

・AWSの構築基本

・AWSのトラブルシューティング

・AWSサービス選定の基本

【おすすめポイント】
AWSはクラウドサービスの30%を占めるシェア1位のクラウドサービスになります。
そのAWSが公式チャンネルを作っており、基礎的な構築方法や、トラブル対応方法、導入時のサービス選定方法などを紹介してくれています。
ただし、AWSのサービスは日々しており操作する画面も進化しているので、あまり古い動画を視聴すると混乱する可能性があるので注意が必要です。

日本マイクロソフト株式会社 公式チャンネル

チャンネル登録者数:16,300人

動画本数:911本(うちAzureは106本)

学べること

・Azureの構築基本

・Azureのサービス概念

【おすすめポイント】
マイクロソフトも「Azure」というクラウドサービスを提供しています。
シェアはAWSの次に多く、徐々に利用者を増やしています。
AWS同様に構築手順やサービスの基本概念を分かりやすく(公式だから当たり前ですけど)紹介してくれているので、これからAzureをさわるなら必見のチャンネルだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

プログラミング系の動画は質も高く、競争も激しい印象がありましたが、それ以外のジャンルはまだまだこれから優秀なチャンネルが増えてきそうな予感がします。

特にインフランジニア系のチャンネルでイマドキっぽく分かりやすく教えてくれる動画構成を作ることが出来たらとりあえず私は速攻でチャンネル登録しますね(笑)

これまで、IT系の学習は分厚い本を読んで理解を進めていく必要がありました。

しかし、Youtubeであれば動画の中で実際のコーディングしたり、サーバを構築する画面を見ながら学習出来るので大きなメリットだと思います。

この記事を読んであなたが知らないYoutubeチャンネルに出会えることを祈っています。