家族と副業優先のサラリーマンが飲み会を断る戦法5つを紹介します!

こんにちは!

マコト(@makoto_business)です。

 

サラリーマンに付き物の儀式と言えば、飲み会ですよね。

あなたは会社の飲み会好きですか?

 

私は好きではありません。

飲み会自体は好きですけどね。

そのあたりはこちらの記事でも書いています。

 

関連記事

こんにちは! マコト(@makoto_business)です。   先日、ふと一般的なサラリーマンってどれくらいの頻度で飲み会に参加しているのか気になって調べてみたんですが、おおよそ週1回くらいのペースで会社の飲み会に参加し[…]

 

一言でいうと、会社の飲み会に参加するくらいなら家族と触れ合う時間と副業する時間に割り当てたいっていうのが私の考え方です。

なので、会社の飲み会を断る術については人よりも比較的考えている方だと思います。

 

もしかして、

 

私と同じように家族との時間や別にやりたいことに時間を使いたいけど飲み会を断れない・・

 

って方が世の中にはいるのかなっと思ったので、記事にしてみました。

参考になれば嬉しいです。

 

平均レベルで会社の飲み会に参加すると1年で150時間以上消耗する

一般的なサラリーマンは週に1回程度飲み会に参加しているそうです。

その統計からざっくりと計算してみたんですけど、以下のような計算になります。

 

365日÷7日=52回飲み会に参加

52×3時間=156時間(1回の飲み会が3時間換算)

 

年間に156時間も飲み会に時間を奪われていることになるんですよ。

 

2時間ものの映画だったら75本観れます。

最近私は3000文字1記事を2時間程度で書いているので75本ブログ記事が書けます。

 

こう考えるといかにもったいない時間を飲み会に費やしていると思いませんか?

人生を本気で変えたいなら時間をまず投資すべし

この記事を読んで頂いているってことは少なからず副業には興味があると思います。

副収入を手に入れて人生を変えたい!って思っている人も少なくないでしょう。

 

私は本格的に副業を始めて3年ぐらいですが、つくづく時間は大切だと実感しています。

特に私のように低収入で「お金に投資が出来ない」サラリーマンはどれだけ時間を投資出来るかが勝負の分かれ目だと思います。

 

というか、時間しか投資出来ないと思うんですよね。

時間にコツコツ投資して、本を読んで副業の勉強をする、副業の実作業に取り組む、SNSで集客する、などなど。

こういった時間の積み重ねで、副業って徐々に成果が出てくるものだと思います。

 

私が副業として取り組んでいるブログアフィリエイトも時間と継続する根気があれば一定の副収入を得ることが出来ます。

私はまだ月収10万円程度ですが、稼いでいる人は月収100万円を超えている人はゴロゴロいますからね。

 

ちょっと話が脱線しましたが、会社の飲み会を断って、

 

自分のビジネスをしたい、

自分の人生を今より豊かにしたい

 

ならサラリーマンの悪しき習慣飲み会を断ることは必須作業です。

 

【成功体験済み】定時ダッシュして飲み会を断るおすすめ戦法5つはこれ!

ここからは具体的に私が実際に普段使っている飲み会の断り方をご紹介したいと思います。

単刀直入に「飲み会嫌なので止めときます!」って言える人はあまり参考にならないと思いますが、

毎回上司に誘われてるけど何て断るか迷っているって人は参考になると思います。

全部で5つの戦法があるので、1つずつご紹介していきますね。

 

さりげなくリア充を振りまいておく

この方法はいかに日常で自然と種をばらまけるが勝負になります。

 

さりげなさが重要ですね。

 

ご認識の通り、ただ単純にリア充を自慢しても大抵の人は嫌がるしあなたの評価は下がります。

ここでのリア充はごくごくありふれた「生活の充実度」をアピール出来ればOKです。

具体的にはこんな感じですかね。

 

・子供が習い事始めて毎日夜送り迎えすることになったんですよー

・英会話習い始めたから夜レッスンと予習で寝不足なんです。。

・新しいゲームがめっちゃ面白いから最近はプチ多忙です(笑)

・友達の結婚式が多くて最近金欠なので節約生活してるんです。。

などなど。

 

要は、

 

私は仕事以外も充実した生活をしているんですよ

 

っていうことを日常会話の中でさいげなくアピールしておくんです。

 

そうすると、いざ飲み会に突然誘われても、言い訳しやすいですよね。

この方法はかなりの確率で断ることが出来るので、よく使う戦法ですね。

 

愛妻家・育児パパキャラを浸透させる

この戦法は妻子持ちの方限定です。

愛妻家・育児パパキャラをアピールする方法ですね。

これも日ごろからアピールしておくとリアリティが増します。

 

自分が家族をいかに愛していて、早く家に帰って一緒に過ごしたいって思っていると認識してもらうことが重要になりますね。

言い方はお任せしますが、私は恥ずかしがり屋なので斜め45度から伝えるような言い方をよくします。

 

・私がいないと子供が泣いて家事が出来ないらしくって。。妻に早く帰ってくるように頼まれているんです。

・共働きなので、夕食を作るのは当番制にしていて今日は私の番なんですよね。

・妻が用事で子供を保育園に迎えに行けないので、私が頻繁に迎えに行っているんですよ。

・最近妻と趣味で習い事を始めたので時間も無いし、お金も無いしで大変なんです。

 

こんな感じですかねー。

 

まぁ、実際に行動していないと嘘っぽくなるのでそこは注意して下さい。。

上司・同僚も家族が理由になると、あまり突っ込んで誘わなくなるので、おすすめです。

 

家買う予定なので夫婦で禁酒始めましたと言う

30代サラリーマンはマイホームを夢見ている人は多いと思います。

一般的なサラリーマンはコツコツ貯金をしてマイホームに向けた準備期間が必要なりますよね。

私も絶賛貯金を頑張っているところなので、どうでもいい飲み会を断る理由としては十分です。

 

その一面を猛アピールしましょう!

 

今後会社の飲み会には基本行きませんよって場合は、自宅購入に向けて・節約、禁酒を始めました!

って言いきっちゃいましょう。

禁酒しているっていうと都合が悪い場合は、飲み代を節約することになりましたっていうと臨機応変に対応出来るでしょう。

 

実際、この戦法に限らず飲み会に参加しないことでお金の節約が出来るので一石二鳥です。

飲み会を行かずに浮いたお金は貯金するも良し、自己投資で使うも良しです。

 

予め飲み会日決まってるなら有給をぶっこむ

これは私の必殺戦法になります(笑)

あなたの会社でもポツポツとあると思われる、飲み会で効果的な方法です。

それは、そこそこ重要な飲み会でそこそこの人数が参加する飲み会。

歓送迎会系の飲み会などがこれに該当しますね。

 

普通の飲み会と比較すると飲み会の「開催目的」がある分、断りにくい飲み会なんですよね。

こういう飲み会は適当な用事を理由に有給にしちゃいましょう。

 

歓送迎会は基本事前に飲み会の日程が決まっていると思うので、その日にさりげなく有給取得を依頼しておきます。

最初は言いずらいなぁ~っと思うこともありますが、歓送迎会はそこまで開催頻度も多くないのであまり怪しまれずに休むことが出来ますね。

 

酒のせいで体調不良・肥満であることを打ち明ける

 

最後の5つ目の手法は、べたですが割と使える戦法です。

 

お酒が原因で体の調子が悪くなるってことないですか?

 

私は20代の頃は大丈夫だったんですが、30代になってからは体質が変わったのかお酒を飲んだ次の日はパフォーマンスが落ちるようになったんですね。

更に肥満気味になってお腹周りの脂肪が目立つようになってきました。

プールや海なので上半身を出すことに抵抗を感じてしまっている自分がなんだか情けなくなりますね。

 

これは、アピールするっていうよりは愚痴る感じがおすすめですね。

 

最近ヤバいんですよと。

体調が悪いんですよと。

肥満気味なんですよと。

 

だから、

 

お酒は最近控えていく予定なんです

ダイエットしようと思います

飲み会はしばらく止めときます

 

っと深刻な感じで伝えることが出来れば、いかなる飲み会の時でも使うことが出来ます。

 

無益な飲み会不要!家族と副業の時間を増やして人生を変えよう!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

5つの戦法をご紹介しましたが、複合的に使うと更に断りやすくなりますよ。

 

例えば、

 

共働きで家事を分担していて忙しいし、マイホームが欲しいから節約しているんです。

 

って言えば飲み会誘ってくる同僚も「じゃあ、しょうがないか」ってなりますよね。

 

週1回の飲み会の場合で150時間ですから単純計算で週2で飲み会しているなら300時間ですよ。

 

これだけの時間を他の事に投資出来たら人生大きく変わると思いませんか。

 

無益な飲み会は人生上不要です。

 

あなたの大切な家族との時間、人生を変える為の副業時間を増やす努力を忘れないで下さいね。

お互い人生が良くなる工夫をシェアしていきましょう!

 

マコト